メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

うめもり寿司学校(奈良市) 外国人観光客が「ラッシャーイ」 日本の心、エンジョイ /奈良

 奈良市法華寺町のすし製造販売「梅守本店」には、多い日で1日400人の外国人観光客が訪れる。お目当ては、すし作りが体験できる「うめもり寿司(すし)学校」。正しい作り方を学ぶのではなく、楽しんでもらうことを一番大事にしているという。学校の様子をのぞかせてもらった。【中津成美】

 学校のきっかけは、社長の梅守康之さん(60)の四女・里奈さんが2009年、急性リンパ性白血病で入院したこと。クリスマスイブに娘や同室の子供らに手巻きずしパーティーを開くと大喜びしてくれた。その後、亡くなった子もいて、梅守さんは「食べることは生きる希望であり、未来への夢が詰まっている」と気付いたという。「病気や障害、人種を超えても、誰もが楽しく幸せに過ごせる場を作りたい」との思いから、13年8月に学校を開始。これまで約30万人が参加し、ほとんどが外国人観光客だ。

 5月下旬、昼食時間に合わせてやって来たのは、香港から観光で訪れた40~60代の22人。早速、用意さ…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文1111文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪
  3. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  4. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  5. 逮捕の男、山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです