メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本市

ごみ処理時の廃熱利用 施設に電力供給 災害時に強い街目指す /熊本

 熊本市は、ごみ処理場の廃熱エネルギーを使って発電した電力を市の施設に利用する取り組みを始めた。2016年の熊本地震の際、電力供給が一時途絶えたことを受け、災害時に強い街づくりにつなげるのが狙い。電力自給により削減できた費用は電気自動車(EV)の購入といった市民の省エネルギー導入促進の補助に使う。

 市によると、これまで市の所有施設の電力は全て民間電力事業者の供給に依存してい…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]