メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

減塩「うま塩ラーメン」

福徳学院高生が試作品発表 23日の食育推進全国大会で販売 /大分

 23、24日に大分市である「第13回食育推進全国大会」に向け福徳学院高(同市永興)健康調理科の3年生が12日、塩分を市販のインスタントラーメンの半分以下に減らした「うま塩ラーメン」の試作品を発表した。大会初日午前10時からJR大分駅府内中央口広場で200食(1食400円)販売する。

     大会は食育推進が目的で、県内では初開催。うま塩ラーメンは食塩を使う代わりに昆布やタカノツメなどの香辛料でダシを取ることで、市販の即席ラーメン1食に含まれる塩分5・8グラムを1・9グラムまで減らした。

     3年の石川誠模(せいや)さん(18)は「さっぱりしてておいしい。塩分を気にせず食べてほしい」と話していた。【尾形有菜】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
    4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
    5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]