メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

自民の参院選挙制度改革案って? 定数を6増 合区候補を比例「特定枠」で救済=回答・高橋恵子

 なるほドリ 自民党が参院選挙制度の改革案を作ったって聞いたよ?

 記者 公職選挙法を改正する定数6増案ですね。まず、「1票の格差」縮小のために、議員1人当たりの人口が最多の埼玉選挙区(定数6、3年ごとの改選数3)の定数を2増やし、格差を3倍未満にします。さらに比例代表(定数96、改選数48)の定数を4増やし、各党が事前に決めた順位に従って当選する「拘束名簿式」を一部導入して「特定枠」を創設します。これは隣接県を一つの選挙区にした「合区」対象県の候補者救済が狙いです。

 Q 比例の定数増が、なぜ合区対象県の救済につながるんだろう。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文780文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]