メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

金正恩氏 親近感出しつつ粛清も /トランプ氏 政治経験なき「不動産王」

 故金正日(キムジョンイル)総書記の三男で、母は大阪市生まれの元在日朝鮮人だった高ヨンヒ氏。

 青年時代にスイスの首都ベルンに留学、帰国後は金日成(キムイルソン)軍事総合大学で学んだ。

 就任後は親しみやすい指導者像をアピールしつつ、企業や協同農場の経営・運営の自由度を広げた。一方、体制に脅威となる人物の粛清を繰り返し、2013年には叔父の張成沢(チャンソンテク)氏を処刑した。

 同年には経済建設と核開発の並進路線を打ち出し、最高指導者就任以後6年間で4回の核実験を繰り返し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)などの開発も進めた。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  3. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  4. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  5. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです