メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方改革関連法案

高プロ「望む企業ほぼ無い」 コンサル社長陳述 参院委

 働き方改革関連法案を審議している参院厚生労働委員会は12日、参考人5人の意見陳述と質疑を行った。高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)について、企業に働き方の見直しを提案する「ワーク・ライフバランス」の小室淑恵社長は「導入したいという企業はほとんどない」と現状を伝えた。

     小室氏は「導入する企業は極めてマネジメント能力が問われることになる」と制度運用が難しいとの認識を示した。その上で「今、私たちがコンサルティングしている企業で、高プロを導入したいと言っている企業はほとんどない」と述べた。

     連合の逢見直人会長代行は「どのような仕事、職種でも、いかに高度、高年収であっても、過重労働により心身がむしばまれることがあってはいけない」と語り、高プロの創設に改めて反対した。全国過労死を考える家族の会の寺西笑子代表世話人と、日本労働弁護団幹事長の棗(なつめ)一郎弁護士も、制度は不必要との認識を示した。

     経団連労働法制本部の布山祐子上席主幹は「時代の変化に対応した改正」と賛成意見を述べた。【神足俊輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]