メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

和田秀樹さん=性犯罪被害者の手記を映画化した精神科医

和田秀樹(わだ・ひでき)さん(58)

 「性犯罪を扱った映画は多いが、被害者の抱える心の傷への理解が浅く不満があった」。精神科医として被害者の本当の苦しみを伝えたい、と映画「私は絶対許さない」でメガホンを取った。

 東大医学部の合格経験を生かした受験対策の著作が多く、受験アドバイザーとしても知られる。高校3年の時、勉強の合間に300本を見たほどの映画好きで、2007年に監督デビューした。

 今作は4本目。中学3年だった15歳の時、集団レイプの被害に遭った女性がつづった同名の手記(ブックマン社)が原作だ。医師として向き合ってきたトラウマ(心的外傷)をテーマに選んだ。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. NY株、過去最高値を更新 ナスダック、SPも 米新政権の経済対策が後押し

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです