東京都

受動喫煙防止条例可決へ 都議会提出、飲食店84%を規制

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京都は、従業員を雇っている飲食店を原則全面禁煙にする受動喫煙防止条例案を12日開会の都議会定例会に提出した。政府が今国会に提出して審議中の健康増進法改正案よりも厳しく、規制の対象となる飲食店は政府案では全体の45%なのに対し、都案では84%に上る。小池百合子知事が実質的に率いる最大会派・都民ファーストの会や公明、共…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

注目の特集