メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自身の冤罪事件について語る陳龍綺さん。Tシャツには「自由人」の文字が=台湾で4月、石山絵歩撮影

 「(弁護側鑑定を検証した専門家に対し)同じ器具を使って再現実験をしなかった理由は?」(弁護士)

 「(弁護側鑑定の専門家に対し)絶対に正しい型が出るように鑑定したのか?」(検事)

 昨年9月の東京高裁。静岡地裁が袴田巌元被告(82)の再審開始を決める“根拠”となった弁護側DNA型鑑定を巡る非公開の証人尋問があり、弁護側と検察側は自らの主張に沿わない専門家をそれぞれ厳しく追及した。高裁は11日の決定で、弁護側鑑定の信用性を疑問視し、袴田さんの再審開始を覆した。

 科学の領域である鑑定の正否を裁判所が判断することについて、反発する専門家は少なくない。自らの鑑定手…

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1411文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堺・弟殺害 父殺害容疑で再逮捕 遺体から睡眠薬
  2. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. きょうのセカンドオピニオン 起立性調節障害、受診先は?=答える人・呉宗憲助教(東京医科大・小児科)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです