メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

閉ざされた扉・袴田事件52年

/中 最新科学、司法も適応を

自身の冤罪事件について語る陳龍綺さん。Tシャツには「自由人」の文字が=台湾で4月、石山絵歩撮影

 「(弁護側鑑定を検証した専門家に対し)同じ器具を使って再現実験をしなかった理由は?」(弁護士)

 「(弁護側鑑定の専門家に対し)絶対に正しい型が出るように鑑定したのか?」(検事)

 昨年9月の東京高裁。静岡地裁が袴田巌元被告(82)の再審開始を決める“根拠”となった弁護側DNA型鑑定を巡る非公開の証人尋問があり、弁護側と検察側は自らの主張に沿わない専門家をそれぞれ厳しく追及した。高裁は11日の決定で、弁護側鑑定の信用性を疑問視し、袴田さんの再審開始を覆した。

 科学の領域である鑑定の正否を裁判所が判断することについて、反発する専門家は少なくない。自らの鑑定手…

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです