メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

それは戦時下だった/3 航空機着氷 ニセコで研究

今のニセコアンヌプリは、登山やスキーの行楽客で一年中にぎわう=去石信一撮影

 <くらしナビ・環境>

 戦時中、航空機の脅威の一つは、墜落につながる機体への着氷だった。遭難した陸軍機内で1週間生きていた大尉が、無念な気持ちを書き残した壮絶な出来事もあった。防止策の研究のため、雪博士と言われた北海道帝国大の教授だった中谷宇吉郎(1900~1962年)は冬の北海道で、ニセコアンヌプリ(1308メートル)にこもった。

 ニセコアンヌプリはニセコ連峰の主峰。山頂には、中谷の研究を記念する「ニセコ観測所跡」の石碑が建って…

この記事は有料記事です。

残り2036文字(全文2253文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです