メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

昔は隠れ家、今は食卓の定番=C・W・ニコル

アファンの森に咲くサイハイラン=アファンの森財団提供

 <カントリージェントルマン>

 ワラビはシダ植物で、南極大陸を除くすべての大陸に分布する。ここ長野のアファンの森にも生育しており、50センチ程度にまで成長、一本の葉柄から大きな三角形の葉を伸ばし、地下茎と胞子によって繁殖する。英国で過ごした少年時代、私はワラビの茂みで遊んだ。少年の背丈なら楽に隠れる高さがあり、そこにはアナウサギや小鳥たち、ときにはヘビまで潜んでいた! 当時は夏になると、仲間といっしょにワラビで隠れ家を作ったものだ。まっすぐでしなやかな枝を集め、地面に円を描くように突き立てていく。それらをたわめて、てっぺんで一つに束ねるのだ。こうして簡単な骨組みを作ったら、それを覆うように青々として良い香りのするワラビの葉を何枚も重ねた。

 ところが、英国では、この二、三十年でワラビがすっかり悪者にされ、あらゆる方法で駆除されている。除草…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです