メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水分補給の知識を学ぶ親子向けイベントで、カフェインゼロのブレンド茶を飲む子どもたち=東京都北区で

 もうすぐ夏本番。体温調整機能が発達していない幼児にはこまめな水分補給が欠かせないが、糖分だけでなくカフェインにも注意を払いたい。過剰な摂取は脳の発育に影響を与える可能性があるからだ。

 子どもの3人に1人がカフェイン入りの飲み物を日常的に口にしている--。大手飲料メーカー「アサヒ飲料」(東京都墨田区)が3月、3~5歳の子を持つ全国の母親約1000人(20~40代)を対象に行った調査で、こんな結果が出た。「国内にはカフェインの摂取基準がないため、子育て世代にも意識レベルのばらつきがあるようです」。調査を監修した予防医療コンサルタントの細川モモさん(35)は、そう解説する。

この記事は有料記事です。

残り1925文字(全文2213文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです