メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

パトリック・ハーランさん、木村政雄さん、倉田真由美さん、姜尚中さんの話

非核化出発点悪くない 米国出身で「パックン」として活動するタレントのパトリック・ハーランさんの話

 共同声明には非核化の具体的な内容はなかったが、スタート地点としては悪くないと思う。米国内でも高く評価され、トランプ大統領の得点になるだろう。ただ、北朝鮮がずっと求めていた首脳会談の実現というカードを最初に切ったのは心配材料でもある。非核化が具体化するまで圧力をかけ続けられるかが重要になる。トランプ氏は拉致問題にも言及したが、米国にとって優先順位は低い。日本は非核化交渉を米国に任せ、拉致問題の解決に集中すべきだ。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1042文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. くらしナビ・学ぶ @大学 「中根」の目・データが語る 女子の医学部合格者比率が高い1位 島根大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです