メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

友好演出、政治ショー

 【シンガポール武内彩、渋江千春、田辺佑介】1分弱の2人きりの「散策」で、和やかに会話を交わすトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長--。シンガポールで12日に行われた史上初の米朝首脳会談は、長年敵対してきた両国関係の大きな変化と「友好」ムードの演出に腐心したものとなった。

この記事は有料記事です。

残り1717文字(全文1868文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  4. 訃報 穂積隆信さん 87歳=俳優 「積木くずし」執筆
  5. サウジ政府 記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです