メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
小池都知事

「マンション修繕費報告」独自条例で義務化へ

開会した都議会第2回定例会で所信表明をする小池百合子知事=東京都新宿区の都議会で2018年6月12日、芳賀竜也撮影

 東京都議会の第2回定例会が12日、開会した。小池百合子知事は所信表明で、老朽化したマンションに修繕費の積み立て状況などの報告を義務付ける独自の条例制定を目指す考えを表明。「幅広い観点から、安全かつ快適な街づくりを推し進めたい」と述べた。都によると、同種の都道府県条例は全国で例がない。【芳賀竜也】

 都内にある分譲マンション約5万3000棟のうち、管理組合の法的定義がない1983年以前に建てられた約4分の1の物件が対象。管理組合の有無や修繕積立金の状況などについての報告を義務化する規定を盛り込む方針だ。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文663文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです