メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

活火山

桜島の降灰対策 避難やマニュアル作成 鹿児島市

大量降灰対策についての検討内容を報告しあう参加者=鹿児島市役所で、2018年6月6日、菅野蘭撮影

 活火山がある熊本、宮崎、鹿児島の3県に先駆けて、鹿児島市が桜島の大量降灰対策に乗り出している。同市は今年3月、地域防災計画に初めて大量降灰対策を盛り込み、今月6日の図上演習には鹿児島県警や自衛隊など関係機関の約100人が参加した。今年度中に広域避難や火山灰除去などの対策マニュアルを作る。【菅野蘭】

 演習は桜島が大噴火し約20万人が避難する想定。市は1914年の「大正噴火」級の噴火があれば風向き次第で市街地に火山灰や軽石が約1メートル降り積もる恐れがあると推計しており、参加者は真剣な面持ちで噴火16時間後の動きを確認した。

 市は気象庁が桜島の噴火警戒レベルを5(避難)に引き上げた時点で避難指示を出すが、直後は混乱が予想さ…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです