メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

活火山

桜島の降灰対策 避難やマニュアル作成 鹿児島市

大量降灰対策についての検討内容を報告しあう参加者=鹿児島市役所で、2018年6月6日、菅野蘭撮影

 活火山がある熊本、宮崎、鹿児島の3県に先駆けて、鹿児島市が桜島の大量降灰対策に乗り出している。同市は今年3月、地域防災計画に初めて大量降灰対策を盛り込み、今月6日の図上演習には鹿児島県警や自衛隊など関係機関の約100人が参加した。今年度中に広域避難や火山灰除去などの対策マニュアルを作る。【菅野蘭】

 演習は桜島が大噴火し約20万人が避難する想定。市は1914年の「大正噴火」級の噴火があれば風向き次第で市街地に火山灰や軽石が約1メートル降り積もる恐れがあると推計しており、参加者は真剣な面持ちで噴火16時間後の動きを確認した。

 市は気象庁が桜島の噴火警戒レベルを5(避難)に引き上げた時点で避難指示を出すが、直後は混乱が予想さ…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文989文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです