メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法要

「聖護院」「井筒」などが八橋検校しのび

法然院で営まれた「八橋忌」で、清元「助六」を奉納する歌舞伎役者の尾上右近さん=京都市左京区で2018年6月12日午後3時9分、澤木政輝撮影

 銘菓「八ツ橋」にゆかりのある江戸時代初期の箏曲家で、「近世箏曲の祖」とされる八橋検校(やつはしけんぎょう)の三百三十四回忌が12日、京都市内各所であった。八ツ橋は1685年6月12日に亡くなった八橋検校をしのび、琴の形に似せて作られたと伝わる。

 菩提(ぼだい)寺で「八はしでら」と呼ばれる金戒光明寺の塔頭(たっちゅう)・常光院(左京区)では午前、井筒八ツ橋本舗(東山区)による「第70回八橋祭」があり、約60人が検校の遺徳をしのんだ。

 グループオーナーの津田佐兵衛さん(94)は聖護院八ツ橋総本店を相手に創業年などの表示を改めるよう提…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです