メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・せんとくん

ライセンス料を無償化 8月導入開始へ

商業利用の際のライセンス料が無償化されることになった「せんとくん」

 奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」について、荒井正吾知事は13日、イラストを商業利用する際のライセンス料を無償化すると発表した。商品の売り上げや広告の製作費用の3%を納めるという従来の条件を撤廃する。人気が低迷気味のせんとくんの露出を増やし、底上げを図る狙いで、8月の導入開始を目指す。

 無償化後も利用には従来通り、事前申請と県の承認が必要で、カラーやサイズ規定の順守が条件となる見通し。荒井知事はせんとくんの功績を評価し、この日、「異例の出世」として県職員のせんとくんを課長級に昇進させる考えも示した。

 せんとくんは2008年に誕生し、10年の平城遷都1300年祭の公式キャラクターを務めた。近年は人気が低迷し、ライセンス収入は10年度の約4900万円をピークに減少。県は新たなデザインを追加して利用を促してきたが、17年度は161万円と全盛期の3%となっていた。

 ご当地キャラクターを巡っては、熊本県が「くまモン」について条件を満たした企業に国内での無償利用を認めるなど、人気や知名度向上のため、積極的に民間利用を促す動きがある。【新宮達】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 「首相と関係、一切ない」沈黙破った理事長
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]