メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民法改正

「18歳成人」成立 22年4月施行

成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる改正民法が与党などの賛成多数で可決、成立した参院本会議=国会内で2018年6月13日午前10時48分、川田雅浩撮影

 成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げるとともに、女性が結婚できる年齢を16歳以上から男性と同じ18歳以上にする改正民法は13日、参院本会議で自民、公明、維新などの賛成多数により可決、成立した。施行は2022年4月1日。成人年齢の見直しは、1876(明治9)年の「太政官布告」で満20歳とされて以来、約140年ぶりとなる。

 改正法の付則には、成人年齢の引き下げに伴い年齢要件の見直しが必要な22の法律の改正も盛り込まれた。…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文847文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです