メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟県

「選挙で約束したことを実行」花角新知事が初登庁

職員から拍手で迎えられ、初登庁する花角英世知事=2018年6月12日、堀祐馬撮影

 10日に投開票された新潟県知事選で初当選した花角英世氏(60)が12日、県庁に初登庁し、知事として公務をスタートさせた。米山隆一前知事が4月に辞職して以降続いていた知事不在の状態は約2カ月ぶりに解消。花角知事は「いよいよだなという気力と緊張感。選挙で約束したことを実行するのみだ」と意欲を語った。

 午前11時前、花角知事は約600人の職員に拍手で出迎えられ、2015年の副知事退任以来約3年ぶりに登庁した。当選証書を受け取った後の県幹部との面会では「一言あいさつを」と求められたのに対し「一言ではないかもしれないが」と笑いを誘い、和やかな雰囲気に包まれた。

 職員を前にした就任あいさつでは「職員一人一人が県の財産。大胆な発想と緻密な実行、失敗を恐れない姿勢…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1035文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 米軍 世界のF35全機を飛行停止 米南部で墜落、検査
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  5. 米国 F22ステルス戦闘機 ハリケーンで損傷か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです