働き方法案

高プロで参考人5人が意見陳述

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

参院厚生労働委員会

 働き方改革関連法案を審議している参院厚生労働委員会は12日、参考人5人の意見陳述と質疑を行った。高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)について、企業に働き方の見直しを提案する「ワーク・ライフバランス」の小室淑恵社長は「導入したいという企業はほとんどない」との現状を伝えた。

 小室氏は「導入する企業は極めてマネジメント能力が問われることになる」と制度運用が難しいとの認識を示した。その上で「今、私たちがコンサルティングしている企業で、高プロを導入したいと言っている企業はほとんどない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文517文字)

あわせて読みたい

注目の特集