メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

与野党 非核化と拉致「情報が足りない」

 12日のトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による首脳会談に関し、与野党からは会談実現を評価する一方、北朝鮮の非核化や拉致問題に関する情報が不足しているとの指摘が多く出た。与野党は今後の米朝交渉の行方や日朝首脳会談に向けた動きを注視している。

 自民党の岸田文雄政調会長は記者会見で「核・ミサイル、拉致といった懸案の解決につながることを期待したい」と歓迎し、「必要なら日朝首脳会談、直接対話も考えねばならない」と述べた。非核化については「対話のための対話に終わるかは、これからの取り組み次第だ。具体的な行動が示されることが大事だ」と指摘した。

 公明党の山口那津男代表は「トランプ氏の尽力に感謝したい」と記者団に語る一方、「非核化を具体的にどう進めるかが必ずしも明らかではない。(トランプ氏の)拉致問題提起に金委員長がどのような反応を示したかも明確ではない」と指摘。日米の首脳間や外相間で確認して国民に説明するよう政府に求めた。「拉致問題は当事者の日朝首脳会談で解決せねばならない。今がチャンス、生かしてほしい」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです