メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

拉致問題提起で安倍首相「日朝で解決必要」

米朝首脳会談後のトランプ米大統領の記者会見を受けて、記者団の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2018年6月12日午後5時56分、川田雅浩撮影

 トランプ米大統領が米朝首脳会談で拉致問題を提起したことを受け、日本政府は今後の米朝協議の進展に伴い、拉致問題に関する日朝協議が再開することを期待する。

 安倍晋三首相は会談を終えたトランプ氏と電話で協議した後、記者団に「私の考えについてトランプ氏から金正恩朝鮮労働党委員長に明確に伝えてもらった」と強調。そのうえで「今後もトランプ氏の強力な支援を得ながら、日本は北朝鮮と直接、向き合い、解決していかなければならない」と語った。

 政府関係者によると、首相はトランプ氏に「拉致問題については日朝2国間でしっかりやっていく」と伝え、日朝協議の再開に期待を示したという。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです