メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

米国、期待と不安混在

 【ニューヨーク國枝すみれ、ロサンゼルス長野宏美】世界が注目した史上初の米朝首脳会談。米国ではメディアの論調や市民の声に、期待と不安の双方が混在した。

 米テレビ各局は「歴史的な会談」とトランプ氏と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が車で会場に到着する前から生中継で報じた。

 CNNのキャスターらはトランプ氏が握手中に左手を金委員長の腕に添えたことや金委員長が笑顔を見せたことなどを紹介。「2人の予測不能な指導者による、歴史を刻むことを意図したまれに見る賭けだ」と報じた。

 ニューヨーク・タイムズ紙は会談直前、トランプ大統領には「政敵を暗殺する無慈悲な敵」と対した経験がないと指摘。トランプ氏が自分の交渉スキルに「自信を持ちすぎている」と心配する米政府関係者の声も紹介し、「短気で弱みを見せたくない2人」の会談を懸念する分析記事を掲載した。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. 京都新聞記者が滋賀県を異例の提訴 旧優生保護法の関連文書開示求め

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 石破氏、他派閥に秋波 「これが最後の挑戦」次期総裁選にらみ支持固め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです