メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都

受動喫煙防止条例案を提出 政府案よりも厳しく

従業員雇用の飲食店を原則全面禁煙など

 東京都は、従業員を雇っている飲食店を原則全面禁煙にする受動喫煙防止条例案を12日開会の都議会定例会に提出した。政府が今国会に提出して審議中の健康増進法改正案よりも厳しく、規制の対象となる飲食店は政府案では全体の45%なのに対し、都案では84%に上る。

 飲食店への規制のほか、幼稚園や保育所、小中高校など学校について、政府案では認める屋外喫煙所の設置を禁じている。

 一方、加熱式たばこは政府案と同様、専用喫煙室内であれば飲食しながら吸うのを認めた。都は当初、全面的に認めない方針だったが、政府案との整合性を図るとともに飲食店などの業界団体からの要望に応じたという。

 東京五輪・パラリンピックを見据え、2020年4月1日までに罰則(5万円以下の過料)を含めて全面施行を目指す。都議会の所信表明で小池知事は「飲食店の喫煙専用室や公衆喫煙所の整備に対する支援を充実させ、喫煙者の嗜好(しこう)や事業者などへの負担軽減にも配慮する」と説明した。【芳賀竜也】

東京都受動喫煙防止条例案の主な内容

・従業員を雇っている飲食店は原則全面禁煙

・保育所、幼稚園、小中高校など学校敷地内は全面禁煙。屋外喫煙所の設置も不可

・加熱式たばこは飲食店内の専用喫煙室内であれば飲食しながら吸える。健康影響が明らかになるまで罰則は適用しない

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長聴取へ 23日午後帰国
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. トランプ米大統領 安倍首相に暴言 G7で移民政策議論中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]