メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま、性被害を語る

スポーツ界の「絶対的な服従関係」がセクハラとパワハラを生む 柔道家、山口香さん

女子柔道で日本初の金メダルを獲得した山口香さん。指導陣のパワハラを告発した後輩の選手たちを支援してきた=2018年5月23日、小国綾子撮影

 悪質タックルを生んだ日大アメリカンフットボール部の指導体質や女子レスリングのメダリスト伊調馨選手を巡る騒動など、スポーツ界のハラスメントと言えば「パワハラ」を想起する。しかし実は、セクシュアルハラスメントも少なくない。「スポーツ界のセクハラとパワハラの根は同じ」と指摘する日本オリンピック委員会(JOC)理事で筑波大教授の山口香さん(53)とともに、背景と解決の道筋を探った。【小国綾子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り6091文字(全文6299文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]