メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽の窓から世の中を眺めて

音楽の力と「沖縄のこころ」

「沖縄のこころ」を歌う砂川涼子さん(右)とピアノの沼尻竜典さん=びわ湖ホール提供

江川紹子

 ゴールデンウィーク中にびわ湖ホールで開かれた「近江の春・びわ湖クラシック音楽祭」に行ってきた。本サイト「アンコール」のコーナーでご報告したように、国内外の素晴らしい音楽家を集め、廉価で楽しめて一日中音楽漬けになれる、ほんとうに楽しい催しだった。

 その中で、印象的だった演目の一つ、ソプラノ歌手砂川涼子さんのリサイタル「沖縄のこころ」について、改めて触れておきたい。

 砂川さんは、言わずと知れた、日本を代表するプリマドンナの一人。「ラ・ボエーム」(プッチーニ)のミミ…

この記事は有料記事です。

残り5139文字(全文5376文字)

江川紹子

えがわ・しょうこ 神奈川新聞社会部記者を経てフリーライターに転身。その後、オウム真理教による一連の凶悪事件などの取材・報道を通じて社会派ジャーナリストとして注目を集める。新聞、週刊誌の連載やテレビの報道・情報番組のコメンテーターとして活躍。近年、クラシック音楽やオペラの取材、アーティストのインタビューなどにも取り組んでいる。Twitter:@amneris84 ‏

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです