メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

池井戸潤さんの小説作法 「登場人物が行動するまま」を僕が書く

「僕はミステリーの系譜の中にいる作家の一人です」と話す池井戸潤さん=東京都中央区の松竹本社で、藤井太郎撮影

 半沢直樹シリーズや「下町ロケット」など、池井戸潤さんの作品を読むと、ジェットコースターに乗っているようなスリルを味わえるのはなぜだろう。テレビドラマになった作品も多いが、映画化は15日公開の「空飛ぶタイヤ」が初めて。これを機に池井戸さんに「小説作法」を聞いた。【沢田石洋史】

 池井戸さんは日中、3~4時間執筆する。休むと調子が狂うので、土日も含めてほぼ毎日書く。マネジャーによると、原稿に向かっている時、「へえ、そうなんだ」「君ってそういう人だったの?」などと独り言が聞こえるという。誰かと会話しているのですか?

 「物語がスタートして、登場人物の一人一人が何を思い、どう動くのか。登場人物が考え、行動するまま僕が…

この記事は有料記事です。

残り2372文字(全文2679文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]