メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

池井戸潤さんの小説作法 「登場人物が行動するまま」を僕が書く

「僕はミステリーの系譜の中にいる作家の一人です」と話す池井戸潤さん=東京都中央区の松竹本社で、藤井太郎撮影

 半沢直樹シリーズや「下町ロケット」など、池井戸潤さんの作品を読むと、ジェットコースターに乗っているようなスリルを味わえるのはなぜだろう。テレビドラマになった作品も多いが、映画化は15日公開の「空飛ぶタイヤ」が初めて。これを機に池井戸さんに「小説作法」を聞いた。【沢田石洋史】

 池井戸さんは日中、3~4時間執筆する。休むと調子が狂うので、土日も含めてほぼ毎日書く。マネジャーによると、原稿に向かっている時、「へえ、そうなんだ」「君ってそういう人だったの?」などと独り言が聞こえるという。誰かと会話しているのですか?

 「物語がスタートして、登場人物の一人一人が何を思い、どう動くのか。登場人物が考え、行動するまま僕が…

この記事は有料記事です。

残り2372文字(全文2679文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです