メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/179 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(14)

「お母さん、いきましょう」

 タケシはそういって、先頭に立って混雑する川沿いの道を歩きだした。亡くなった人のために謝ることなど、この炎を生き延びたらいくらでもできる。そういいたかったが、母親にそんなことは口にできなかった。

 街はどこもかしこも、火の色が見えないところはなかった。まだ火がついたばかりの家も数多かったが、十分もすれば家でなく家の形をなんとか保つ炎になってしまうだろう。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. NGT暴行被害、新潟知事が言及「早く解明し正常に戻って」
  5. 「要注意の年では」 諏訪大社の筒粥神事で世相占う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです