メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

長沼透石遺墨展 深く楽しく革命的

「太虚」

 長沼透石遺墨展(19日まで、北海道・帯広市民ギャラリー)は、書の魅力について改めて考えさせられるだろう。

 長沼透石さんは1932年、帯広市生まれ。添田詩石さん、上田桑鳩さんに師事。高校の書道教諭として多くの門人を育てた。毎日書道展参与会員、奎星会相談役などを歴任。高校生の時、野球部のメンバーとして甲子園に出場、母校の野球部監督も務めた。2015年、82歳で死去。

 「こんなに書は深く楽しいものなのかと革命的に思いました」との言葉が伝えられているが、書業もこの精神…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文955文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. 漫画で解説 児童ポルノは日本の恥の巻
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
  5. 児童買春 LINEで裸の動画拡散 容疑の14人家裁送致

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです