メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

長沼透石遺墨展 深く楽しく革命的

「太虚」

 長沼透石遺墨展(19日まで、北海道・帯広市民ギャラリー)は、書の魅力について改めて考えさせられるだろう。

 長沼透石さんは1932年、帯広市生まれ。添田詩石さん、上田桑鳩さんに師事。高校の書道教諭として多くの門人を育てた。毎日書道展参与会員、奎星会相談役などを歴任。高校生の時、野球部のメンバーとして甲子園に出場、母校の野球部監督も務めた。2015年、82歳で死去。

 「こんなに書は深く楽しいものなのかと革命的に思いました」との言葉が伝えられているが、書業もこの精神…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです