メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中古盤探偵がゆく

「巨人の星」の続き=高本良彦

 スポーツ根性モノの代表ともいえるアニメ「巨人の星」は1960年代から70年代、今の60歳代をとりこにした。

 「打て!走れ!飛雄馬 新巨人の星2」という79年のソノシートを手に入れた。超話題だった傑作の続編だ。

 「星飛雄馬です。再びジャイアンツのユニホームを着ることができました。今度は長嶋監督から背番号3をいただきました」とナレーションが入っている。

 永久欠番3をアニメだとしてももらえる主人公とは?と思ってしまうが、そこのところは「ジャイアンツの長嶋です」と本人も出てくるので問題ないのだろう。「王です」「張本です」とスターがそろい踏み。これから3人の話が盛り上がると思いきや、「トコトコトコ、カキーン」の擬音と「セーフ」の声の連続だ。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです