メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

平原綾香 新作も名曲も生の迫力 デビュー15年記念アルバム発表

 歌手には、一つの的が絞られ焦点がピンポイントになって極めていく人と、芸風が広がり他ジャンルに挑戦して多才になっていく人がいる。どちらがいいとか悪いとかではなく、どちらにもファンがいる。平原綾香は、明らかに後者である。

 2003年、ホルストの組曲「惑星」の「木星」に日本語詞を付けた「ジュピター」でデビューし15年たった。それを記念しアルバム「ディア・ミュージック」(ユニバーサル)を発表した。自作の新曲から出演ミュージカルの名曲、ジャズスタンダードまで、15曲を熱唱する。

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1109文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです