メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症行方不明者

また最多 顔写真、静脈認証を活用 警察や自治体、備え強化

靴、ベルト、リストバンドなどに組み込まれたGPS機器=群馬県高崎市の高崎市役所で、増田勝彦撮影

 5年連続で最多を更新した認知症の行方不明者。急速に高齢化が進む中、警察や自治体は、高齢者の顔写真を事前登録したり、「手のひら静脈認証」を活用したりして、万が一の時に備えた対策を強化している。【内橋寿明】

 福井市で昨年3月、認知症の80代男性が自宅そばで目撃されたのを最後に行方不明になった。家族が最寄りの警察署に連絡し、約30分後、男性は自宅から約1キロ先で署員に保護された。家族が事前に登録していた男性の顔写真が決め手になった。

 福井県では昨年2月から、家族が希望すれば認知症の人の顔写真や住所・氏名などの情報を自治体に登録し、…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文805文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. EU 対米報復関税発動 総額3600億円規模

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]