メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざいフォーカス

サケ、イカ依然不漁 道内、ブリ水揚げ急増 加工や商品開発始まる /北海道

 日本一の水産王国・北海道で近年、天然ブリの水揚げが急増している。海水温の変化の影響とみられるが、北海道では食文化が根付いておらず、本州向けも安値で取引されがち。サケやサンマ、イカが不漁の中、ブリに活路を見いだそうと、新たな加工や商品開発の取り組みが始まっている。

 ブリは西日本で養殖が盛んで、天然では北陸地方が有名。北海道はこれまで、水揚げが多くても4000トンに届かなかったが、2011年ごろから急増し、16年は1万1800トンに上った。上位の島根県や石川県に遜色ない水準だった。道立総合研究機構中央水産試験場の板谷和彦研究主幹は「近年は水温がやや高く、暖かい水温帯を好むブリが北上している」と指摘する。

 総務省の家計調査によると、15~17年の札幌市の1世帯あたりのブリ消費量は全国平均の4割程度。大半…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1085文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]