メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざいフォーカス

サケ、イカ依然不漁 道内、ブリ水揚げ急増 加工や商品開発始まる /北海道

 日本一の水産王国・北海道で近年、天然ブリの水揚げが急増している。海水温の変化の影響とみられるが、北海道では食文化が根付いておらず、本州向けも安値で取引されがち。サケやサンマ、イカが不漁の中、ブリに活路を見いだそうと、新たな加工や商品開発の取り組みが始まっている。

 ブリは西日本で養殖が盛んで、天然では北陸地方が有名。北海道はこれまで、水揚げが多くても4000トンに届かなかったが、2011年ごろから急増し、16年は1万1800トンに上った。上位の島根県や石川県に遜色ない水準だった。道立総合研究機構中央水産試験場の板谷和彦研究主幹は「近年は水温がやや高く、暖かい水温帯を好むブリが北上している」と指摘する。

 総務省の家計調査によると、15~17年の札幌市の1世帯あたりのブリ消費量は全国平均の4割程度。大半…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1085文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 福知山線脱線 「代理受傷」出口探して 兵庫の夫婦が手記
  4. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです