メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青いザリガニ

ふ化公開 室蘭水族館 絶滅危惧種が突然変異 /北海道

 「瑠璃(るり)色のザリガニ」と呼ばれる青色のニホンザリガニの繁殖展示を、室蘭市立室蘭水族館が始めた。20~25日ごろふ化する見通しで、稚ザリガニの成長過程を観察できる。

 ニホンザリガニは北海道と北東北地方に生息する日本固有種で、環境省のレッドリストで絶滅危惧2種に指定されている。体色は茶褐色がほとんどで、青色は遺伝子の突然変異とみられている。

 2012年に室蘭市内で捕獲され、水族館で飼育を担当する大西勲さん(74)が国内で初めて繁殖に成功。…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです