メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 大熊中生「笑い」学ぶ 県内で活躍の芸人が講師 /福島

 東京電力福島第1原発事故で全町避難を強いられ、会津若松市に仮校舎を置く大熊町立大熊中学校で13日、漫才講座が始まった。自己表現力を養うのが目的で、昨年度から導入している学校教育に「笑い」を取り入れる事業の一環。生徒らは吉本興業の「住みます芸人」として県内で活躍するぺんぎんナッツの2人を講師に、ネタづくりを教わった。

 今年は教師1人を含めた1~3年の計12人が4組に分かれ、トリオ漫才に挑戦する。この日は、ぺんぎんナ…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文410文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  3. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです