メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古墳

那珂で新たに 勾玉など副葬品も出土 /茨城

 県教育財団は13日、那珂市の下大賀遺跡で新たに古墳時代後期(6世紀後半)の古墳が見つかり、水晶の勾玉(まがたま)などの副葬品も出土したと発表した。

 同遺跡は同市北部を流れる久慈川の支流、玉川の右岸の標高42メートルの台地に位置し、範囲は東西2・3キロ、南北1キロに及ぶ。2012年度から断続的に調査が行われ、4月から7次調査に入っている。

 同財団によると、今回見つかったのは、古墳の周囲を掘った溝の部分。半径13メートルの半円形を確認した…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文428文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. 漫画で解説 児童ポルノは日本の恥の巻
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
  5. 児童買春 LINEで裸の動画拡散 容疑の14人家裁送致

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです