メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

持ち帰り推進や小盛りメニュー 食品ロス削減に向け、協力の飲食店募集 /茨城

 県は13日から、食べきれなかった料理を持ち帰る容器を提供するなど、食品ロス削減に協力する飲食店の登録制度を始めた。登録する協力店を募集している。

 制度は「いばらき食べきり協力店登録制度」。持ち帰りの推進のほか、小盛りメニューの用意など、食品ロスを削減する取り組みを実施している飲食店や宿泊施設などが対象。

 県廃棄物対策課のホームページにある申請書に取り組み内容を記載して応募する。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文481文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです