メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもみんなで支える

わこう版ネウボラの挑戦/3 情報の「統合」目指し ケア会議で多職種連携 /埼玉

 「この子が小学1年生になった時の姿をどうイメージしていますか?」

 和光市役所で3月に開かれた、緊急性の高いケースや多職種(看護師、ヘルパーなど)の連携が必要なケースについて検討する「コミュニティケア会議(こども部会)」。司会を務めた当時の市保健福祉部長、東内(とうない)京一さん(現教育部長)が、ケアプランを作成した子育て世代包括支援センターのケアマネジャーに質問した。ケアマネがプランに沿って答えると、東内部長はアドバイスを加えながら質問を重ねる。「そのイメージを実現するために、今どんなサポートが必要ですか?」

この記事は有料記事です。

残り1145文字(全文1403文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです