メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第4局の7

新手の立役者 観戦記・関浩

 図の局面。9九の香を失った先手陣には[後]9八飛や[後]7八飛と打ち込む隙(すき)がある。第5譜で[先]2三歩の新手をたったの3分で指したことよりも、本譜の図からの佐藤の指し手にこそ驚嘆を禁じ得ない。[先]8五飛と生飛車を放ち、[後]8二歩と打たせて[先]3八銀。

     手にした大駒は、敵陣に打ち込むのが基本である。敵陣で暴れ回って駒得を重ねたり、自陣に成り駒として引きつけたりしてポイントを挙げる。

     しかるに、[後]8二歩で簡単に侵入を防がれる[先]8五飛とは何ぞや。まるで入門レベルの稚拙な指し手にも見える。

     しかし、この[先]8五飛こそ、新手[先]2三歩を成立せしめる立役者といっていい。本日終了図をご覧願いたい。[後]9八飛は[先]8八金。[後]7八飛も[先]6九玉[後]9八飛成[先]8八金。飛車を打ち込めば即完封。[先]8五飛は自陣に利かし、ここまでの急激な流れを強引にせき止める妙防だった。

     羽生は感想戦で[後]8二歩に代え、[後]7八飛の代案を示した。以下[先]6九玉[後]2八飛成[先]8一飛成[後]2九竜[先]3八銀[後]1九竜の進行になる。形勢は何ともいえないが、急激な流れのまま難解な終盤戦が予想される。

     本譜は一転。流れは緩やかに変わり、徐々に後手の指し手が難しくなった。

    ◎[先]8五飛 17 ?[後]8二歩 55

     [先]3八銀  9  [後]1四歩 37

     [先]3七桂  1

     (◎好手 ×悪手 ?疑問 ▽作戦 !勝負手)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    2. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
    5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]