メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

広島 ウッドワン美術館 広島県廿日市市吉和 父子でつなぐ鉛筆画展 力くれた猫、題材も /中国

標高600メートル、森に囲まれ

 広島市中心部から車で約1時間。広島県廿日市市吉和にある「ウッドワン美術館」は、1996年にオープンした。標高約600メートルの豊かな森に囲まれ、小鳥のさえずりが心地よく聞こえてくる。日常の喧噪(けんそう)を忘れさせてくれるこの美術館で今、ユニークな展覧会が開かれている。父子の展覧会「吉村芳生と吉村大星365日エンピツ画」。鉛筆で描いたとは思えない、写真と見間違う作品は、迫力満点だ。【隈元悠太】

 2人の鉛筆画は、写真を鉛筆で緻密に再現する手法で、モチーフをカメラで撮影しA4サイズの用紙に印刷。…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文857文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです