メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

防衛省、震災文書名も抽象化 内閣府通知に違反

防衛省の震災関連ファイルの例

 防衛省が保管する公文書ファイルがインターネットで公表される目録に抽象的な名称で登録され、国民が検索しにくい状態になっている問題で、同省は内閣府の通知に反し、東日本大震災での活動に関するファイルの一部にその内容を明示する名称を付けていなかったことが明らかになった。識者は「震災の歴史を伝える貴重な記録が国民のために生かせなくなる」と指摘している。

 公文書管理法を所管する内閣府は東日本大震災が発生した翌年の2012年4月、震災関連の公文書を特別に…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文821文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  4. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
  5. ルックバック平成・中部写真記者の足跡 平成5年、25年・式年遷宮 闇の中撮影、機材の進歩反映 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです