メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

悲しみ残して 岩手・大槌町旧庁舎解体へ

報道陣に公開された岩手県大槌町の旧役場庁舎内部。1階には津波にのまれ、止まったままの時計も残されていた=2018年6月13日、喜屋武真之介撮影

 本格的な解体工事開始を18日に控え、東日本大震災の津波で当時の町長と職員計40人が犠牲になった岩手県大槌町の旧庁舎内部が13日、報道陣に公開された。津波で破壊された2階の町議会議場の壁や、職員の生死を分けた屋上への「はしご」、「午後3時25分」を指したままの柱時計も当時のまま残されていた=写真・喜屋武真之介撮影。【中尾卓英】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]