メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
旧優生保護法を問う

強制不妊 違憲性見解要求 仙台地裁の裁判長、国に

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき15歳で不妊手術を強制されたとして、宮城県の60代女性が起こした国家賠償請求訴訟の第2回口頭弁論が13日、仙台地裁であった。中島基至裁判長は、旧法を「憲法違反」とする原告の主張に対し、国側が言及しなかったことから「訴訟を明瞭にするため、憲法適合性について認否を回避すべきでない」と述べ、7月末までに書面で態度を明らかにするよう求めた。国側は「主な争点ではない」と難色を示しつつ、応じる意向を示した。

 また中島裁判長は、裁判所として旧法の違憲性の判断を「回避する予定はない」と述べるなど、弁論初期とし…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文633文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです