メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

25年万博

大阪誘致 「驚きの実験室に」 山中教授訴え

博覧会国際事務局の総会でスピーチする京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥氏=パリのOECDカンファレンスセンターで

 【パリ津久井達】2025年国際博覧会(万博)の開催地に立候補している日本(大阪)、ロシア(エカテリンブルク)、アゼルバイジャン(バクー)は13日、パリで開催中の博覧会国際事務局(BIE)の総会で、11月の開催地決定を前に、事実上最後となるプレゼンテーションに臨んだ。日本は「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに、ノーベル賞受賞者の京都大iPS細胞研究所長、山中伸弥教授(55)を発表者に起用し、大阪での開催を訴えた。

 山中氏は大阪出身。スピーチは英語で行われ、8歳の時に1970年の大阪万博を見学して興奮したという思…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文671文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです