米朝首脳会談

正恩氏「拉致解決とは言わず」 首相が説明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日の米朝首脳会談で、トランプ米大統領から日本人拉致問題を提起された際、「解決済み」という従来の立場に言及しなかった。安倍晋三首相と13日に会談した自民党の萩生田光一幹事長代行が記者団に明らかにした。首相が12日夜にトランプ氏から電話で説明を受けた内容を萩生田氏に伝えたとみられる。【川辺和将、ソウル光田宗義】

 萩生田氏は「解決済みだという反応がなかったのは大きな前進だ。今まではここで(日朝間の)話が終わっていたが、これからさらに話をするという確認ができた」と評価した。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文981文字)

あわせて読みたい

注目の特集