メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
メディアの風景

デジタル時代の改ざん防止 「人間は不完全」認めてこそ=武田徹

 先日、カメラメーカーのキヤノンがフィルムカメラの販売終了を発表した。デジタル化による物理的な記録媒体離れはあらゆる領域で進み、写真の世界も例外ではない。

 こうした技術的な世代交代との関係を改めて考えてみたいのが財務省の公文書改ざん事件だ。

 人はなぜ記録を残すのか。それは過去を参照して現在の軌道を修正し現在の検証を未来に委ねるためだろう。そこで踏まえられているのは人間は不完全な存在だという認識だ。不完全な人間が考え、行うことだから参照と検証の不断のプロセスを通じて改善しなければならないのだ。

 そうした参照と検証に役立てる記録は利用者の都合で恣意(しい)的に改変されては困る。確かに固定されて…

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1098文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです