メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

気候変動適応法、成立 将来見据えた施策迅速に=大場あい(つくば支局)

局地的に雨雲に覆われる東京都心部。市街地でもゲリラ豪雨による被害が発生している=東京都内で2015年9月4日、本社ヘリから山本晋撮影

 地球温暖化に伴う農作物被害や気象災害を軽減するため、環境変化に合わせる対策を推進する「気候変動適応法」が成立した。温暖化対策といえば「温室効果ガス削減」のイメージが強いが、コメの品質低下やゲリラ豪雨など対応すべき危機は私たちの身近で多発している。欧州では10年以上も前から国家規模の計画や法制化を進めており、日本は大きく出遅れた。法成立を機に、街づくりから生活スタイルまで、温暖化への適応を基本とした施策を迅速に進めるべきだ。

この記事は有料記事です。

残り1825文字(全文2039文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです