特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

メディア時評

新聞も意識を変えてこそ=藤田結子・明治大教授

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 雑誌には女性誌・男性誌があるが、新聞は女性紙・男性紙とはいわない。でも近ごろ私は疲れ目なのか、毎日新聞の紙面がときどき男性紙に見えてしまうのだ。

 5月17日の社説「女性候補を増やす法律 政党が意識を変えてこそ」は、政治分野における男女共同参画推進法を取り上げている。この法は、「選挙の際に男女の候補者数ができる限り半々になるよう、政党に自主的な努力を求めている」。ならば、新聞の紙面はどうだろう。毎日新聞は他紙と比べて女性や少数派に寄り添っていて、その点は大いに評価されるべきだ。しかし、紙面上の登場人物や視点が男性に寄り添いすぎじゃないか、と思うときがある。

 実際に数えてみた。まず、時事ニュースについて識者に見解を聞く「論点」。5月の論者32人のうち男性が24人、女性は8人だった。日曜朝刊の書評欄の「今週の本棚」は、今年5月までの1年間、評者の7割が男性だった。選ばれる本も男性の関心があるテーマのものが多くなりがちだ。毎日記者による「火論」「水説」「木語」「金言」「土記」という朝刊コラムは男性4人、女性1人。これらの男女数ができる限り半々になるよう、…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文839文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集