メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

4年後に成人年齢18歳 自覚高める教育の大切さ

[PR]

 明治時代から続いてきた成人の定義が変わることになった。

 成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が参院本会議で、与党などの賛成多数で可決され、成立した。施行は2022年だ。

 民法は、社会生活を送るうえでの基本的なルールを定めている。成人年齢の線引き変更は、18歳に選挙権が与えられた影響が大きい。

 だが、そればかりではない。18歳は就職して社会に出たり、進学で親元を離れたりする時期である。社会の一員としての自覚が芽生える。

 成人として権利を行使することを認める一方で、社会的責任を果たすことを求める--。そうした考え方は自然だ。18歳成人の実現を前向きに受け止めたい。

 ただし、国民の意識はそうなっていない。内閣府が行った世論調査では、18、19歳が親の同意なしに高額契約できることに対し、「反対」が8割近くに上った。今後、どう18歳成人を定着させるのかが問われる。

 教育の果たす役割がまず重要だ。ニートや、社会への無力感など、若者を取り巻く環境を変えることが、先進国共通の課題になっている。

 欧米では、学校教育で「シチズンシップ教育」の導入が進んでいる。政治や経済の仕組みを学習するだけでなく、市民としてどう参加していくのかを具体的に学ぶ。

 日本でも、18歳選挙権の実現に伴い、政府は主権者教育の副読本を作製し、全国の高校に配布した。だが、授業の実施などは地域によって温度差が大きい。主権者教育を進めつつ、若者の社会参加を促すような教育についても、議論を深めたい。

 国会審議では、日本維新の会を除く主な野党が反対に回った。親の同意のない未成年者の契約行為が取り消せる「未成年者取り消し権」の対象から18、19歳が外れ、消費者被害の拡大が懸念されるからだ。

 消費者庁は小冊子を作製し、高校での授業を今後全国で実施していく。悪質商法の標的にならぬよう消費者教育の充実が欠かせない。

 成人式をいつ実施するのか、親権が及ばない生徒に対する学校の指導はどうするのか。改正法に伴う検討課題は多岐にわたる。政府は省庁横断の連絡会議で議論していく。社会全体で準備を進める必要がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです